本文へスキップ

無差別殺人事件

contents

下関通り魔殺人事件

1999年9月29日午後4時25分頃、レンタカーに乗った当時35歳の運送業の男がJR下関駅東口の歩道を車ごと横断し、 ガラスのドアを突き破って駅構内の自由通路に侵入、そのまま売店や多数の利用客などの存在する駅構内を約60m暴走して7人をはねた。

その後車から降り、包丁を振り回しながら改札を通過し、2階のプラットホームへと続く階段を上る途中で1人を切りつけ、 プラットホームに上がってからさらに7人を無差別に切りつけた。

この結果、5人が死亡、10人が重軽傷を負った。男は駅員に取り押さえられ現行犯逮捕された。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


青酸コーラ無差別殺人事件

青酸コーラ無差別殺人事件(せいさんコーラむさべつさつじんじけん)とは1977年1月3日を始めとして東京 ・大阪で起こった無差別殺人事件である。シアン化ナトリウム入りのコカ・コーラを飲んだ会社員らが死亡した。
毒入りコーラ事件とも呼ばれる。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


秋葉原通り魔事件

日本時間の6月8日午後0時30分過ぎ、東京都千代田区外神田4丁目の神田明神通りと中央通りが交差する交差点で、 2トントラックが、西側の神田明神下交差点方面から赤信号を突っ切り、横断中の歩行者5人をはねとばした。
このトラックは交差点を過ぎて対向車線で信号待ちをしていたタクシーと接触して停車。 周囲の人々は最初は交通事故だと思ったが、トラックを運転していた男性は車を降りた後、 撥ねられて道路に倒れこむ被害者や救護にかけつけた通行人・警察官ら14人を、 所持していた両刃のダガーナイフで立て続けに殺傷した。

男は奇声を上げながら周囲の通行人を次々に刺して逃走 。事件発生後数分して万世橋警察署秋葉原交番から駆けつけた警察官が男を追跡し警棒で応戦、 最後には拳銃を抜いてナイフを捨てるように警告し、 それに応じナイフを捨てた男性を非番でたまたま居合わせた蔵前警察署の警察官とともに取り押さえた。 これらはおよそ5-10分間ほどの間の出来事だった。

事件当日は日曜日で中央通りは歩行者天国となっている区域だった。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





自主機械警備

警備保障会社

基本的な考え方

音や光で賊を強烈に威嚇

、近隣や緊急連絡先に異常を報せる。

警備員が現場で取り押さえる。基本的には大きな音などで威嚇しない機器が多い。

導入費用

初期費用のみ。ランニングコストなし。

初期費用。監視費用として月々のランニングコストがかかる。

取付工事

なし、もしくは大きな設置工事が不要のものが多い。

大きな工事が必要。機器は建物にしっかり固定するので壁や柱に大きな傷が付く。賃貸物件には不向き。

プラン変更

自分で自由に変更できる商品が多い。

警備会社指定の専門工事業者でないと変更は不可能。別途工事費用が必要になる。

引越

自分で機器を移し替えることができる商品が多い。引っ越し先でもそのまま使用できる。

警備会社指定の専門の工事業者でないと取り外しは不可能。別途工事費用が必要になる。契約の取り交わし直しに近い。

機器

買い取り商品がほとんど。

レンタル契約の場合が多い。 レンタルの場合、契約を解約した時は機器は警備会社へ返却する。 建物の原状回復義務(機器取付の伴う傷や穴などの修理)は警備会社は負わない。