本文へスキップ

労働災害と労働環境、労働災害防止対策は?

contents

労働災害
労働災害(ろうどうさいがい、労災)とは、業務上の事由又は通勤途上で、 負傷、疾病、障害、死亡する災害のことを言う。
業務災害に対して補償されるのは、使用者の支配下において労働の提供を行う労働者の災害についてである。 過労死や自殺もその要因が、使用者の支配下によるものと認められた場合、 業務災害として認定されるようになった。
休憩時間を含む全ての作業中、作業に通常伴う行為。
出張中を含む全ての作業中、作業に通常伴う行為。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

過労死
周囲からの暗黙の強制のもとで長時間残業や休日なしの勤務を強いられる結果、 精神的・肉体的負担で、働き盛りのビジネスマンが突然死することである。 日本以外の国ではこれに値する語句がなく「Karoshi」として 英語の辞書や他言語の辞書にも掲載されている。
これらのことにより、過労死が日本人のライフスタイルを象徴する言葉として 世界に広く認知されるようになり、いまや国際語である。
心筋梗塞、脳出血、クモ膜下出血、急性心不全、虚血性心疾患などの 脳や心臓の疾患が原因で起こる。近年、過労死は40-50歳代〜30歳代にまで広がり、 女性にも増えている。また長時間労働によるうつ病や燃え尽き症候群に陥り、 自殺する者も多い。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

労働者災害補償保険
労働者災害補償保険法に基づき、 業務災害及び通勤災害にあった労働者又はその遺族に、 保険給付を支給する政府管掌の保険制度である。単に労災保険ともいわれ、 雇用保険とあわせて労働保険と呼ばれる。

適用事業・対象
労災保険は事業所単位で適用される。原則として労働者を一人でも使用する事業は強制適用事業とされる。ただし、農林水産業の一部については、暫定的に任意適用事業とされている。
また、国の直営事業・官公署の事業(国家公務員災害補償法・地方公務員災害補償法の適用となる)・船員保険の被保険者(船員保険法の適用となる)については、適用されない。

適用事業に使用され賃金を支払われていれば、適用労働者とされる。雇用保険や厚生年金の対象とならない小規模な個人事業に雇われている労働者や、パートやアルバイトなども適用労働者となる。 労働基準法における労働者に該当しない者には適用されないが、一定の要件のもとに特別加入制度が設けられている。

保険給付
大きく3つに分けられ、 労働者の業務上の負傷、疾病、障害又は死亡(以下「業務災害」という。)に関する保険給付 労働者の通勤による負傷、疾病、障害又は死亡(以下「通勤災害」という。)に関する保険給付 二次健康診断等給付 がある。
そして、業務災害に関する保険給付として
療養補償給付
休業補償給付
障害補償給付
遺族補償給付
葬祭料
傷病補償年金
介護補償給付
があり、 それとパラレルに通勤災害に関する保険給付として
療養給付
休業給付
障害給付
遺族給付
葬祭給付
傷病年金
介護給付
がある。

二次健康診断等給付は、労働安全衛生法に基づく健康診断の結果、過労死等の原因となる脳血管疾患等及び心臓疾患に関連する血圧、血中脂質、血糖、肥満度の4つの検査すべてに異常の所見が認められた労働者に対し、二次健康診断及び特定保健指導の費用を支給するものである。

療養給付・療養補償給付
労災病院・労災指定病院において、業務災害・通勤災害により療養を必要とする場合、必要な療養(医療)の給付を無料で受けることができる。労災指定病院以外の病院にかかった場合は必要な療養費の全額をあとで支給される。
なお、労災の対象になる場合は、健康保険等の対象外である。

休業補償給付・休業給付
業務災害又は通勤災害による傷病の療養のため労働することができず、 賃金を受けられないとき、休業の4日目から給付基礎日額の60%が支給される。
なお、社会復帰促進等事業としての休業特別支給金としてさらに20%加算されるので、 実際には休業の4日目から給付基礎日額の80%が支給される。
また、業務災害のうち最初の3日分は事業主が労働基準法に基づき、 給費基礎日額の60%は支給する義務を負う(保険対象外)。

障害補償給付・障害給付
業務災害又は通勤災害による傷病が治った後(症状が固定化した)ときに、 一定の基準により障害等級に基づき、年金または一時金が支給される。
その他、社会復帰促進等事業としての障害特別支給金、障害特別年金(一時金)がある。

遺族補償給付・遺族給付
業務災害又は通勤災害により労働者が死亡した場合、遺族に年金、 遺族年金の支給対象となる遺族がいない場合は一時金が支給される。
その他、社会復帰促進等事業としての遺族特別支給金、遺族特別年金(一時金)がある。

葬祭料・葬祭給付
業務災害又は通勤災害により死亡した方の葬祭を行なうときに支給される。

傷病補償年金・傷病年金
業務災害又は通勤災害による傷病が療養開始後1年6ヶ月を経過しても治らない(固定化しない)場合に、傷病等級に応じ支給される。なお、傷病(補償)年金を受給した場合は、休業(補償)給付は受給できない。
その他、社会復帰促進等事業としての傷病特別給付金、傷病特別年金がある。

介護補償給付・介護給付
障害補償年金又は傷病補償年金を受ける権利を有する労働者が、 その受ける権利を有する障害補償年金又は傷病補償年金の支給事由となる障害であって1級の方は全て、 2級の方は精神神経、胸腹部臓器の障害を有している方に限り、 常時又は随時介護を要する状態にあり、 かつ、常時又は随時介護を受けているときに、当該介護を受けている間支給される。
ただし、入院中や障害者自立支援法により施設において生活介護を受けている場合は対象外となる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ブラック企業またはブラック会社とは、広義としては暴力団などの反社会的団体との繋がりを持つなど違法行為を常態化させた会社を指し、 狭義には新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使いつぶし、 次々と離職に追い込む成長大企業を指す。
英語圏でのスウェットショップ(英: Sweatshop)(英語版記事)や中国語圏での血汗工場(中: 血汗工廠)(中国語版記事)の問題とはまた異なり、 ブラック企業問題の被害の対象は主に正社員であったのだが、2013年に中京大学教授・大内裕和が提唱した、 非正規労働者が被害者となるブラックバイトという派生語も登場している。対義語はホワイト企業。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


石綿健康被害救済制度
石綿健康被害救済制度は、石綿による健康被害の特殊性にかんがみ、 石綿による健康被害を受けられた方及びそのご遺族の方で、 労災補償等の対象とならない方に対し迅速な救済を図ることを目的として 『石綿による健康被害の救済に関する法律』に基づき創設されました。
この特殊性とは石綿による健康被害が長い潜伏期間を経て発症することから、原因者の特定が非常に難しいことを指しています。
独立行政法人環境再生保全機構のホームページより引用


名古屋高裁「アスベストが原因」労災認める判決 遺族が逆転勝訴
京都府内で労災死亡、前年の3倍 建設業の人手不足も影響
労基法違反-長時間残業セコムに勧告 指令役社員協定超え
厚労省、書類送検“ブラック企業”334件 HPに初公表
違法残業新基準「月80時間超」に…厚労省
トンネル工事で崩落、岩に挟まれた作業員が死亡
石綿飛散、解体現場17カ所で。被災4県で確認―厚労・環境省
労災に新基準 時間外労働、月160時間超
雇用主と派遣先、労災事故を隠す 容疑で書類送検 茨城
工事下請け業者に有罪=クレーン横転事故―東京地裁
受動喫煙対策、中小企業向けに助成制度 喫煙室など設置に
製紙工場のタンク内に転落、派遣社員の男性が死亡
東日本大震災、労働環境悪化で「過労死」10件報告
被曝した協力社員から聞き取りへ 厚労省
エレベーター事故、重りが直撃、保守作業員が死亡 東京

地下5m ゴルフ場の水道工事で生き埋め 1人死亡
クレーン倒れ1人死亡3人けが 病院の建設現場
ビル解体中に鉄骨倒れる 作業員が一時下敷きに
線路を固定するクギが鉄橋から落下 走行中の車直撃
工事現場で全長30mのクレーン倒れ作業員2人けが
エレベーターに挟まれ作業員2人死亡 重りが落下か
鉄骨崩れ作業員が下敷き 1人死亡、1人重傷
作業後30分以上たって爆発 横浜・化学工場爆発火災
改修中にエレベーターのワイヤと壁に挟まれ2人死亡
横浜・金沢区の化学工場で爆発火災 5人怪我
京都の建設現場でクレーン横転 作業員男性1人死亡
製鉄所で燃料流れ出し火災 千葉市
作業ミスで引火か4人死亡爆発事故で本社など捜索
大阪の化学工場で爆発 吹き飛ばされ4人死亡
駅の仮設ボード落下 通行中の女性直撃1人重傷

過労死ゼロへ数値目標 大綱素案まとめる
労災、夜食買出しは業務 交通事故の療養補償命じる
労災不認定を取り消し、過重業務で自殺の男性−大阪地裁
入社半年で自殺、労災と認定「過重業務で心理的負荷」
セクハラ労災認定 アルバイト女性、鬱病に
派遣労働者 労災急増 「日雇い」増え仕事不慣れ
社内飲み会も業務、 帰宅途中に死亡で労災 東京地裁が認定
労災認定判決、対象外の動脈閉塞症で原告勝訴 東京地裁
7割の現場で違反 木造住宅建築現場
ボイラー製造工場で労災事故、男性死亡 愛媛
<石綿被害>中皮腫死者急増、06年に1000人超える
うつ病、時効後に労災認定 発症5年後請求
製鉄所で相次ぎ死亡事故、修理中、機械に挟まれる−千葉
派遣法違反の偽装請負で初の事業停止命令へ
労災認定の判決確定、退職後1カ月の過労自殺−国側が控訴断念
左遷労災、うつ病になった化粧品メーカー勤務男性を認定
過労死訴訟、7500万円で和解 三井生命と遺族
労働安全衛生法違反:労災虚偽報告の容疑で書類送検、札幌の業者
2000万円支払い和解 月100時間残業の新人自殺
過労死・自殺、6割以上が労働時間を自己管理
過労自殺、遺族と和解、裁量労働下で初
アスベスト、労災認定 出向先で車両整備

失業手当不正受給額、10年間で180億円超す
過労自殺、厚労省が労災認定 係争中に国が一転、認める
アスファルトの熱で労災死 作業員に東京地裁が認定
住民76人に石綿病変、断熱材工場周辺
過労「労災」最多330人 昨年度「死亡」認定も157人


工場で作業員が倒れると自動的に社員の携帯電話に異常を知らせるようにしたいのですが可能ですか?
工場の一人作業の場所で作業員の安全装置の検討しております。手動で緊急ボタンを押す事ができない状態も検討しています。 作業員が倒れると自動的に社員の携帯電話に異常を知らせるようにしたいのですが可能ですか?
携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置の異常事態発生をメールや電話で離れた場所にいる担当者に報せる事はできますか?
一人作業緊急通報装置の警報作動をエリア毎に別々の安全担当者のメールで緊急自動通報できます。
斜面の上で工事中の作業員が簡単なスイッチで斜面下の警備員に緊急連絡できる機械を探しています。



携帯式ジャイロセンサー装着一人作業緊急無線連絡装置

工場や研究室、クリーンルームなどで少数で作業中の従業員の安全管理におすすめします。
作業員が意識を失ったときはジャイロセンサーが働いて自動的に事務所や警備室、守衛室などへ緊急通報を行います。

昼夜を問わず、一人作業中に万が一事故や災害が発生したときに、事務所や守衛室、 さらには電話回線やメールを使って工業外の責任者の携帯電話に緊急連絡も可能にした産業用社員安否確認システムです。

高性能ジャイロセンサー内蔵の小型携帯電波発信器は、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。 予め設定された時間が経過しても作業員に動きの無いときは事故発生と判断して電波を発信、 事務所や守衛室に設置された警報表示盤のアラームを作動させます。 すぐに緊急連絡を行うことのできる緊急押しボタン付き。

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。予め設定された時間が経過しても傾斜センサーが動かないと、発信器から予告音が発生し、それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行います。
携帯発信器、受信盤は複数台をご利用いただけます。

夜勤の1人作業中に工場で作業者が倒れた時に監督者に自動的に連絡出がくるように出来ませんか?
携帯発信機のチャンネルを変更できますか?追加登録は簡単ですか?
対象者が2名でも本製品は対応して頂けるでしょうか?
2階建ての工場を移動しながら1人作業をする社員に異常事態が発生した時に事務所に緊急通報できる無線システムを探しています。
警報表示盤の1〜4チャンネルに振り分けて発信機を追加登録出来ますか?
警報表示盤はジャイロセンサー電波発信器の電波を直接受信して回転灯と警報音を作動するのですか?
工場の外壁の材質は鉄板ですが、ジャイロ発信機の電波が遮蔽される可能性はあるでしょうか?
警報表示盤に接点信号出力端子を追加加工できますか?




無線パッシブセンサー式フォーククリフト接近警告装置
工場や倉庫内の通路に設置したパッシブセンサーの前をフォークリフトが横切ると、
数十m離れた曲がり角や交差点でメロディや合成アナウンスを流すパトランプが作動してリフトの接近を周囲に知らせます。

センサーは進行方向識別機能を内蔵。 センサーの前を一方の方向に進むリフトだけを検知します。
工場内、倉庫、構内などで見通しの利かない交差点や出入り口、曲がり角などの交通事故防止、労働災害防止、交通事故防止、安全対策対策に。
無線パッシブセンサー式フォーククリフト接近警告装置
工場内の見通しの悪い交差点に設置したイメージ図。
センサーが見通しの悪い交差点に近づくリフトを検知すると、交差点付近に設置したパトランプが一定時間自動的に回転します。交差点から離れていくリフトは検知しません。




index

  1. 一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズ
  2. マンション、アパートの防犯対策、防犯グッズ
  3. 店舗、事務所の防犯対策
  4. 金庫の防犯対策
  5. 鍵、玄関扉や窓の空き巣の手口
  6. 車や重機、トラックの盗難防止対策
  7. バイクの盗難防止対策
  8. 女性の一人暮らしの防犯対策、防犯グッズ
  9. ストーカー、痴漢
  10. 性犯罪
  11. 連れ去り事件
  12. 資材置き場、。金属、銅線の盗難防止
  13. 畑や果樹園、果物や野菜の盗難防止
  14. お寺や神社の防犯対策
  15. 電話トラブル
  16. 個人情報のセキュリティ
  17. 戸籍、住民票のセキュリティ
  18. 詐欺事件
  19. 郵便のセキュリティ
  20. カードのトラブル
  21. 預貯金、通帳印鑑のセキュリティ
  22. ATMのセキュリティ
  23. 子供の安全
  24. 家庭内事故
  25. PL法
  26. 住宅品質品質確保促進法
  27. テロリズム
  28. 悪徳商法
  29. インデックス
  30. 空き巣被害に遭ったら?
  31. 事務所荒らしの被害に遭ったら?
  32. 防犯体験談
  33. 防犯グッズ
  34. ホームセキュリティ
  35. 監視カメラ
  36. マグネットセンサー、開閉センサー
  37. 赤外線センサー、空間センサー
  38. 警備サービスの比較
  39. 自主機械警備システム
  40. 非常ボタン、緊急連絡装置
  41. ポケットベル
  42. 火災報知器
  43. 警報機
  44. 自動通報機
  45. 高齢者安否確認システム
  46. パトランプ、回転灯
  47. ネットワークカメラ
  48. 画像転送装置
  49. カラーボール
  50. 防犯スプレー
  51. 防刃チョッキ
  52. 警備保障とは?
  53. ガラスの防犯対策
  54. 消火器