本文へスキップ

高層、雑居ビル火災関連リンク集。管理者がはっきりしない、防災災責任者があいまい、消火設備の不備などによる火災被害

contents

雑居ビル火災

雑居ビルは、その形態により以下のような問題を常に内包している。
管理者がはっきりしない
防災責任者があいまい
入居者の活動によって避難経路にすら可燃物が置かれる事が多い
この状況は一旦火災が発生すると、各々以下のような問題を発生させる。

入居者らによる初期消火や避難誘導が行われない 防災設備の不備
避難経路が無くなる
これはビル自体の所有権が分割されることにも原因がある。

雑居ビルでは共同スペースである通路や階段にゴミや商品などが放置される傾向にあり、これらの可燃物が火災発生時に煙突化現象で、延焼被害を悪化させる。また、廊下や階段に放置されたゴミ等は恰好の放火対象になる。

複数のテナントが出入り口や通路を共有しており不特定多数が出入りしやすい傾向もあるが、このことは総合的な防災責任者の不在とあわせて救助の際に被災者の実数把握を困難にしており、これにより要救助者の放置などが起きやすい。

更に云えば放火犯も出入り自由となり、都市防災上のアキレス腱である。特に老朽化した雑居ビルは古くからの歓楽街など煩雑とした地域に多く、交通の便が悪かったり違法駐車が道を塞いでいるなどの側面があり、またひとたび火災などの災害が発生すると野次馬が集中するなど、消火活動を阻害する要素も多い。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


2001年9月1日、新宿歌舞伎町ビル火災44人死亡
歌舞伎町ビル火災(かぶきちょうビルかさい)は、 2001年9月1日に東京都新宿区歌舞伎町の雑居ビルで起きた火災。 44名が死亡する日本で戦後5番目の大惨事となった。 現場検証によると、ビル内の避難通路の確保が不十分であったことが多くの 死傷者を出すに至ったことが分かった。
出火原因は放火の可能性が高いとされるが未確定。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


歌舞伎町ビル火災から考える










index

  1. 一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズ
  2. マンション、アパートの防犯対策、防犯グッズ
  3. 店舗、事務所の防犯対策
  4. 金庫の防犯対策
  5. 鍵、玄関扉や窓の空き巣の手口
  6. 車や重機、トラックの盗難防止対策
  7. バイクのい盗難防止対策
  8. 女性の一人暮らしの防犯対策、防犯グッズ
  9. ストーカー、痴漢
  10. 性犯罪
  11. 連れ去り事件
  12. 資材置き場、。金属、銅線の盗難防止
  13. 畑や果樹園、果物や野菜の盗難防止
  14. お寺や神社の防犯対策
  15. 電話トラブル
  16. 個人情報のセキュリティ
  17. 戸籍、住民票のセキュリティ
  18. 詐欺事件
  19. 郵便のセキュリティ
  20. カードのトラブル
  21. 預貯金、通帳印鑑のセキュリティ
  22. ATMのセキュリティ
  23. 子供の安全
  24. 家庭内事故
  25. PL法
  26. 住宅品質品質確保促進法
  27. テロリズム
  28. 悪徳商法
  29. インデックス
  30. 空き巣被害に遭ったら?
  31. 事務所荒らしの被害に遭ったら?
  32. 防犯体験談
  33. 防犯グッズ
  34. ホームセキュリティ
  35. 監視カメラ
  36. マグネットセンサー、開閉センサー
  37. 赤外線センサー、空間センサー
  38. 警備サービスの比較
  39. 自主機械警備システム
  40. 非常ボタン、緊急連絡装置
  41. ポケットベル
  42. 火災報知器
  43. 警報機
  44. 自動通報機
  45. 高齢者安否確認システム
  46. パトランプ、回転灯
  47. ネットワークカメラ
  48. 画像転送装置
  49. カラーボール
  50. 防犯スプレー
  51. 防刃チョッキ
  52. 警備保障とは?
  53. ガラスの防犯対策
  54. 消火器