本文へスキップ

認知症と徘徊防止、介護、徘徊防止システム

contents

認知症

天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が低下した状態をいう。 これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、 運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態のことを知的障害という。

認知症の原因となる主な疾患には、脳血管障害、 アルツハイマー病などの変性疾患、正常圧水頭症、ビタミンなどの代謝・ 栄養障害、甲状腺機能低下などがあり、これらの原因により生活に支障をきたすような 認知機能障害が表出してきた場合に認知症と診断される。
脳血管障害の場合、画像診断で微小病変が見つかっているような場合でも、 これらが認知症状の原因になっているかどうかの判別は難しく、 これまでは脳血管性認知症と診断されてきたが、 実際はむしろアルツハイマー病が認知症の原因となっている、 所謂、「脳血管障害を伴うアルツハイマー型認知症」である場合が少なくない。


有病率・年間発症率

日本の高齢者(65歳以上)での有病率は3.0?8.8%(調査によってばらつきが大きい)。 2026年には10%に上昇するとの推計もある。
年間発症率は65歳以上で1?2%である。 年間発症率は75歳を超えると急に高まり、 65?69歳では1%以下だが、80?84歳では8%にも上る。


症状
以前よりも機能が落ち、以下の症状を呈するようになる。 家族などの介護者を悩ませ、医療機関受診の契機となるのは、周辺症状である。

中核症状
記憶障害と認知機能障害(失語・失認・失行・実行機能障害)から成る。 神経細胞の脱落に伴う脱落症状であり、 患者全員に見られる。病気の進行とともに徐々に増悪する。

周辺症状
幻覚・妄想、徘徊、異常な食行動、睡眠障害、抑うつ、 不安・焦燥、暴言・暴力など。 神経細胞の脱落に伴った残存細胞の異常反応であり、 一部の患者に見られる。 病気の進行とともに増悪するわけではない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



認知症事故訴訟、家族に賠償責任なし JR東海の逆転敗訴が確定 最高裁判決

<成年後見>着服事件相次ぐ 弁護士にも監督人











index

  1. 一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズ
  2. マンション、アパートの防犯対策、防犯グッズ
  3. 店舗、事務所の防犯対策
  4. 金庫の防犯対策
  5. 鍵、玄関扉や窓の空き巣の手口
  6. 車や重機、トラックの盗難防止対策
  7. バイクの盗難防止対策
  8. 女性の一人暮らしの防犯対策、防犯グッズ
  9. ストーカー、痴漢
  10. 性犯罪
  11. 連れ去り事件
  12. 資材置き場、。金属、銅線の盗難防止
  13. 畑や果樹園、果物や野菜の盗難防止
  14. お寺や神社の防犯対策
  15. 電話トラブル
  16. 個人情報のセキュリティ
  17. 戸籍、住民票のセキュリティ
  18. 詐欺事件
  19. 郵便のセキュリティ
  20. カードのトラブル
  21. 預貯金、通帳印鑑のセキュリティ
  22. ATMのセキュリティ
  23. 子供の安全
  24. 家庭内事故
  25. PL法
  26. 住宅品質品質確保促進法
  27. テロリズム
  28. 悪徳商法
  29. インデックス
  30. 空き巣被害に遭ったら?
  31. 事務所荒らしの被害に遭ったら?
  32. 防犯体験談
  33. 防犯グッズ
  34. ホームセキュリティ
  35. 監視カメラ
  36. マグネットセンサー、開閉センサー
  37. 赤外線センサー、空間センサー
  38. 警備サービスの比較
  39. 自主機械警備システム
  40. 非常ボタン、緊急連絡装置
  41. ポケットベル
  42. 火災報知器
  43. 警報機
  44. 自動通報機
  45. 高齢者安否確認システム
  46. パトランプ、回転灯
  47. ネットワークカメラ
  48. 画像転送装置
  49. カラーボール
  50. 防犯スプレー
  51. 防刃チョッキ
  52. 警備保障とは?
  53. ガラスの防犯対策
  54. 消火器