セキュリティネットワークトップページ

スリ犯罪、ひったくり事件の手口と防犯対策。


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス


事務所荒らし、店舗荒らしにあったら?
防犯グッズ
ホームセキュリティ
監視カメラ
マグネットセンサー、開閉センサー
赤外線センサー
警備の比較
自主機械警備システム
非常ボタン、緊急通報装置
ポケットベル
防犯体験談
火災報知器
警報機
自動通報器
高齢者世帯向け安否確認システム
パトランプ、回転灯
Webカメラ
金庫
画像転送
カラーボール
防犯スプレー
防刃チョッキ
警備保障
ガラスのセキュリティ
消火器

スリ事件

スリ(掏摸)は、他人の懐などから金品などを気づかれないようにかすめとる行為、また、それを行う者(掏児、読みは同じ)。別称として巾着切り、チボ(京阪神地方)などがある。 縁日などの人混みを利用した代表的な犯罪で、指先の器用さが必要とされる。新米のスリは物を取ったらすぐに駆け出すことから「駆け出し」という言葉が生まれた。 スリは、刑法上の窃盗罪であり刑事罰の対象となる。 一般的にターゲットが特定されず、上級技術を有するスリ師や集団スリは、誰でも標的にする。

特に観光客や繁華街の買い物客が狙われるが、一般市民が犠牲になる。 この点で一部の者(コンビニ・商店経営者)しか被害にあわない万引きと異なる。 電車内で刃物や防犯スプレーを振り回すなどして逃走する武装すり団は、強盗罪の適用が問題となる。

引用:ウイキペディア



ひったくり

物を持ち歩いている歩行者や、前カゴに荷物を入れている自転車に近づき、すれ違ったり追い抜いたりする瞬間にその物を奪って (ひったくって)逃げる行為である。
オートバイ・自転車・徒歩で後ろから近づき、手に持っていたり、自転車の前カゴに入れていたりするバッグを奪って逃走する行為が多い。 また、歩きながらスマートフォンを操作している人がスマートフォンをひったくられる例もある。

被害者の多くが女性である。女性は現金・カード類の入った財布や貴重品などをバッグに入れて行動することが多いためであるといわれている。 発生時間帯としては、夕方から深夜が多い。


対策
以下のような対策が推奨されている。
バッグを車道と反対側に持つ。
ショルダーバッグをたすき掛けにする。
リュックサックを使用する。
防犯ブザーを携行する。
自転車の前カゴにひったくり防止カバーやネットをかぶせる。
車両が左側通行の国・地域に於いては道路の右側を歩く(対面交通)。

労災保険
女性労働者が午後8時30分頃駅を降りたのち大都市周辺の暗いほうれん草畑の周辺で自動車によるひったくりに遭い、 ハンドバッグ、革袋を奪い取られ負傷した事件では、 「大都市周辺の寂しいところに住居を有し、かつ午後8時30分頃という時間に退勤する場合、 その途上で「ひったくり」にあうことは、一般に発生しうる危険である。
また、『ひったくり』の場合に、自動車による接触、転倒負傷することも一般にあり得ること。 すなわち、通勤に通常伴う危険が具体化したものと認められる」として、通勤災害による労災保険の適用が認められた(昭和49年3月4日 基収69号)。

引用:ウイキペディア



韓国人武装スリ団が再入国、窃盗で2人を逮捕
約10年前まで日本の各地でスリを繰り返していた韓国人武装スリ団の元メンバーが、ことし3月以降、再び日本に入国していたことが明らかになった。
バイクの2人組、連続ひったくり 大阪西成
京都市バス運転手がひったくり 宇治署、容疑で逮捕
韓国人スリ団、スプレー噴射で警官全治1カ月の熱傷
集団で標的を取り囲み、抵抗されると凶器を振り回したり、スプレーを噴射するのが特徴で、首都圏を中心に被害が出ている。
財布を落としたりなくしたりした時、どんな対処をすべきか?
仮病で大声を出し注意を引きその間いに車内の財布盗む
仮病を使って車の男性をおびき出し、助手席から財布を盗んだとして、警視庁は窃盗容疑で自称韓国人3人を逮捕した。
窃盗事件、ズボンに放火して財布盗んだ男逮捕
会社員のズボンの後ろポケットにライターで火を付けている容疑者を目撃。不審に思い尾行したところ、警察官詰め所に『男性が倒れている』と通報してきた。
『抱きつきすり』50件発生-自転車の男数人で
金融機関の外交員狙うひったくり事件、連続9件発生-広島
ひったくり急増  -ひったくりの被害が10年前の4倍になった。
携帯電話のメールが証拠  -ひったくり犯の少年ら逮捕
宝石1億円置き引き、発信機の電波を追跡、逮捕へ

ひったくり防止ネット








Copyright securitynet.jp All rights reserved